フィギュアを安く買う方法

どうして、こんなにフィギュアは高くなった

 

 

いつから、フィギュアはこんなに高くなったんだ・・・・

 

収集家のあなたも、きっとそう思っているでしょう。たとえば、数年ほど前まで2500円で買えたfigma(フィグマ・可動モデル)。

 

そのfigmaの定価が5000円を切ることも、ほとんどなくなりました。

 

1/8スケールにいたっては、1万円以下で買える製品を探すほうが難しくなっています。

 

 

■価格が高騰した原因■

 

製品のほとんどが中国で作られています。

 

そして中国の人件費はガンガン上がっています。さらに原材料である石油の値上がり、クオリティアップによる作業工程の複雑化、消費税のアップなど、安くなる原因を探すほうが大変です。

 

あわせてメーカーさんが問屋への掛け率を変えました。いままで小売店が25%OFFで仕入れていた製品が、15%〜20%OFFに変更されたのです。

 

なかには、値引きが5%というメーカーさんも現れました。定価2万円の製品を売って、利益が1000円。

 

これでは、小売店もバカらしくて仕入れません。売れるか売れないか、わからないモノを仕入れて、売れなければ在庫。値引き処分して赤字。売れたとしても、小学生のお小遣いくらいしか利益が残らないから。

 

 

■このサイトの目的■

 

今後、フィギュアが高くなることはあっても、安くなることはありません。

 

お金を腐るほど持っているあなたなら、きっとこのサイトを見つけることはなかったでしょう。

 

現役ホビーショップの店長が「いかに安く買う」か、正当な方法、裏技なやり方を含めて、すべてお教えします。

 

このサイトの情報で、あなたのホビーライフを豊かにしてください。

 

>>安くなるフィギュアの特徴(1)受注生産であること

 

発売されたばかりの新品モデルが50%OFF!しかも送料無料!